BtoBマーケ

マーケティングってなんだろう?

こんにちは、トラムの東峯です。
最近、暖かくなってきましたが、皆さまいかがお過ごしですか?私は、上野の桜を心待ちにする毎日です!!早く咲かないかな〜。
前置きはさておき、今回は、『マーケティング』についてお話をしたいと思います。
 

そもそもマーケティングってなんのこと?

そもそもマーケティングってなんだろう?
マーケティングは会社にとって必要なの?
このような質問をしてしまうと、マーケティングの重要性について熟知している方には怒られてしまいそうですが。。マーケティングの右も左もわからない私が、マーケティングがどうして会社にとって必要なのかを考えてみたいと思います。

トラムワードTOP3

私がトラムに入社してからよく耳にするワードTOP3があります。
その1つが『マーケティング』です。トラムに入る前から、1回は聞いたことがあるマーケティング。いざ、『マーケティングってなんのこと?』と聞かれると難しい。

マーケティングについて検索をしてみると、Webマーケティング・デジタルマーケティング・マーケティング戦略・・・など様々な検索結果がありました。
マーケティングにも種類があるため、そもそも「マーケティング」とはどういうことなのかが分からなかったので調べ・考えてみました。

マーケティング、それは

コトラー&ケラーのマーケティングマネジメントによれば、
『マーケティングとは、人間や社会のニーズを見極めそれに応えること』
とあります。
 
コトラーさん、、ごめんなさい。 正直難しいです。
 
コトラーさんの言葉を、私流にもう少しわかりやすくしてみました!

『お客様の欲しい!!を知って、お客様からモノやサービスを自然に買えるようにすること』

ではないでしょうか。

実家で感じたマーケティング

実際のマーケティングを考えてみよう!

以前、私が実家の茨城に帰った際の出来事です。

母から北海道の有名なお菓子屋さんのチラシを渡されながら、
『このチラシの掲載商品を購入したいの!だから、お菓子屋さんのオンラインショップの会員登録をして欲しい』と言われました。

そこで私は、母のipadでお菓子屋さんのサイトを検索し、会員登録のボタンより会員登録を行ないました。その結果、オンラインショップで茨城にいながら北海道のお菓子を購入することができるようになりました。
 
さて、ここで問題です。
このお話の中で「マーケティング」はどこに潜んでいるのでしょうか。
 

実際のマーケティングを考えてみよう!【回答編】

皆様、お気づきになりましたでしょうか。
先程のお話で、マーケティングがどれに当たると思いますか?
 
実は、、、【北海道のお菓子屋さん】のマーケティング
 
・チラシ
・オンラインショップ
・会員登録
 
の3つでした!
「これもマーケティング?」って思われた方もいるかもしれません。
ですが、この一連の流れがお菓子屋さんが行ったマーケティングとなります。

実は、この一連の流れはとってもスゴイのです。
どうしてか、、、それは、、、

マーケティングの基本 【集客→接客→追客】

もうお気づきの方もいるかもしれません。

実は、この一連の流れには、それぞれに役割があります。
それをわかりやすく言うと、
 
・チラシ      → 集客
・オンラインショップ → 接客
・会員登録      → 追客
 
となります。この3つがお客様に自然にものを売れる一連の流れになっています。
では、これから1つずつ探っていきましょう!

マーケティングの一連の流れ

チラシ

この「チラシ」は、「集客」の役割をしています。
北海道のお菓子屋さんが、どんなに美味しいお菓子を作っていたとしてもお客様がいなければモノを売ることが出来ません。お客様との接点を作る「チラシ」が集客となります。

オンラインショップ

 
「オンラインショップ」は実際のお店同様に、来店されたお客様に対して「接客」を行う場所になります。オンラインショップにより、今まで顧客ではなかったお客様に足を運んでいただけるチャンスを作っています。

会員登録


なぜ、「会員登録」「追客」?と思われた方もいるかもしれません。
「商品を購入して下さったお客様」や「今回は『買うのはやめた』というお客様」に向けて、
会員情報をもとに、『また買いたい!』と思うようなダイレクトメールやニュースレターを送ります。そうすることで、
お客様がリピートしてくださり、ゆくゆくはお店を支えてくれるファン
となります。以上がお菓子屋さんが行ったマーケティングです。
 

まとめ


 
いかがでしたでしょうか。

どれだけ良い商品・サービスであったとしても、お客様が目の前にいなければ、モノやサービスを売ることができません。

マーケティングは、『お客様が自然と商品を買ったり・サービスを受けるシステムを作りあげること』です。ここまでくると、マーケティングが必要かどうか答えがでたように思います!
 
           結果・・・「必要」です。
 
今回は、マーケティングについてを勉強して見ました。
これからも、マーケティング1年生の旅は続きます!!一緒に勉強にお付き合いください。
 
中小企業のデジタルマーケティンは、お気軽にトラムにご相談ください。
マーケティング施策の提案、マーケティング施策に即したサイトの構築や改修、マーケティングツールの導入支援など幅広くサポートいたします。
以下のお問合せボタンより、お気軽にお問合せください!
 
お問い合わせはこちら