自動で見込み顧客を獲得する『ホワイトペーパー配信』

自動で見込み顧客を獲得するホワイトペーパー配信

検索エンジン対策でたくさんブログや記事を書いているけど、ちっともお問合せが増えない・・・とお悩みございませんか?
SEO対策による集客力も必要ですが、来訪したお客様をもてなすための接客力もサイトには必要です!
接客力を向上させる施策は様々ありますが、来訪した潜在顧客(連絡が取れない潜在的な顧客)を追客可能な見込み顧客にするにはホワイトペーパー提供が有効です!

目次

ホワイトペーパーとは

元々は統計調査などの「白書」の意味でしたが、BtoBでのWEBマーケティングにおいては、顧客の課題解決に役立つ参考情報をまとめた資料の意味合いとして用いられています。

期待できる効果

  1. 見込み顧客の獲得
    来訪した潜在顧客に対して「自分が抱える課題を解決できる資料」として認識してもらえれば、継続アプローチするためのメールアドレスなどの情報を取得できます。
  2. 継続的なアプローチが可能になる
    上述のとおり、メールアドレスを取得できれば、定期的な情報提供により、自社の認知度拡大、関係強化を図ることができます。
  3. 受注確度向上に役立つ
    ホワイトペーパーは商談時の資料としても活用できますので、受注確度を高めるツールとしても活用することができます。

ホワイトペーパーの参考

以下はトラムで作成したホワイトペーパーの一部です。
閲覧者にとってわかりやすいよう1ページ1テーマで紹介すると良いでしょう。

「売れるランディングページの作り方」の一部

ホワイトペーパー配信で見込み顧客を獲得するしくみ

ホワイトペーパー配信で見込み顧客を獲得するしくみは以下が必要になります。

  • 潜在顧客を見込み顧客にする申し込みフォーム
    お申し込みフォームで取得するプロフィール情報は少ないほど申し込み率が上がります。
    多くとも氏名会社名メール電話番号程度に抑えましょう。
  • ホワイトペーパーを届ける自動返信メール
    手動による返信・送付でも可能ですが、手間がかかること、お待たせした場合に顧客体験悪化につながりますので、自動返信できるしくみをお勧めします。
  • 見込み顧客の管理機能
    お申し込みいただいたお客様を管理する機能です。管理機能がなくてもエクセルやスプレッドシートなどで管理し、メール配信サービスなどで追客できるよう管理しておきましょう。お勧めはマーケティングオートメーションツールなどを利用して、自動で管理できる体制を構築する方法です。

現サイトに上記のようなしくみを持ち合わせていない場合は、お気軽にトラムへご相談ください!

スグに始められる!WordPressを用いたホワイトペーパー配信

トラムのホワイペーパー配信では以下のような機能があります。

  • ホワイトペーパー配信用フォーム作成・管理機能
    配信するホワイトペーパー毎にフォームを作成・編集できる機能です。フォーム毎に入力項目を変更できるので、配信するホワイトペーパーの内容に合わせた情報取得が可能になります。
  • ホワイトペーパー紹介ページ作成・管理機能
    どんなに優れたホワイトペーパーでも、中身が伝わらなければダウンロードされません。紹介ページ作成機能はテキストと画像、または動画でホワイトペーパーの魅力を伝えることができ、見込み顧客獲得を促進させることができます。
  • 自動返信メール作成・管理機能
    申し込み後の自動返信メールを作成・編集できる機能です。フォーム毎に設定できますので、ホワイトペーパーのダウンロードリンクURLを貼り付けたり、ホワイトペーパーの内容に合わせたお礼メールや、お問い合わせ窓口などを案内することができます。
  • [オプション]見込み顧客管理&メルマガ配信管理機能
    資料を申し込みされた見込み顧客を管理するのみならず、管理画面からメールマガジンなどを配信する機能です。開封状況も確認できますので、メールマーケティングツールとして機能することができます。HTMLメールはもちろん、ステップメールも配信できるので、顧客フォローやリピーター獲得、エンゲージメント向上に役立てられます。

このホワイトペーパー配信機能は、WordPressを用いたサイトであればトラムで作成していないサイトでも、後から取り付けることが可能です。
ホワイトペーパーの作成自体も請け負っておりますので、お気軽にお問合せください!

ご相談・お問い合わせはこちら

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

株式会社トラムが運営するGarageのアカウントです。
デジタルマーケティング担当者、Webサイトの運用担当者、中小企業経営者にとって役立つWebサイトの構築・運用情報を提供してまいります。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる